WordPressのタグとアーカイブを noindex にしてみる

WordPressのSEO対策の一つとして以前から、タグとアーカイブを「noindex」にしようと思っていたが、すっかり忘れていた。
昨日フト思い出して設定したので、その事について書いておく。

noindexって何?

そもそも noindex って何って話から。

noindex robots metaタグ: このタグを記述したページを検索結果に表示させないようにする目的で使う。
“noindex,follow” robots metaタグを使うのはどんな時? | 海外SEO情報ブログ

ということ。
検索結果に表示されたくない記事がなどがあれば、ヘッダーに

<meta name="robots" content="noindex,follow"/>

を入れておくこと。
さすれば、Googleの検索結果にこのページは表示されなくなる。

noindexをタグとアーカイブにいれる理由

WordPressのカテゴリーやタグ、アーカイブなどは非常に便利な機能。
ところが、同じような「まとめ」ページが多数存在することになる。

例えば、この記事は「wordpress」というカテゴリーで、タグは「seo」と「プラグイン」にしてみた。
このうちどこを表示しても、「この記事」が一番上に表示されているうえに、あまり代わり映えのしない「同じような」記事の並びになっているはず。

ということは検索エンジン(=google)から、『「同じような記事」を大量につくりあげているサイト』と認識される可能性もあるということ。
「質の低いサイト」は検索結果の順位を落としたり、パンダアップーでとで捕獲される可能性もあるわけで、そんな危険な事態はぜひ逃れるようにしたい。

ということで、「カテゴリー」は検索結果に表示されるようにして、「タグ」「アーカイブ」は「noindex」をつけて検索結果に表示されないようにする。

All in one seoが便利

「タグ」や「アーカイブ」に「noindex」をつけるなら、Wordpressの「SEO」対策プラグインとして有名なAll in one seo packが便利。

all in one seoWordPress › All in One SEO Pack « WordPress Plugins

プラグインをインストールしたら。管理画面の設定→ All in One SEOに進み。

  1. プラグインの状況を「Enabled」にする
  2. アーカイブをnoindexにするとタグをnoindexにするにチェックをいれる
  3. 設定を更新

All in One SEOの設定

これで完了。
タグとアーカイブはnoindexになった。


WordPressで加速させる!ソーシャルメディア時代の[新]SEO戦略マニュアル
松尾 茂起 (著)

単行本: 320ページ
出版社: 秀和システム (2011/12/28)
言語 日本語
ISBN-10: 4798031747

スポンサードリンク

RSS購読のススメ

RSS

定期的に読んでいただけるかたはRSS登録しておくと便利です。RSS登録はこちら!!

びーおーぷんどっとねっとのRSS登録

Twitterでも情報をつぶやいているので、フォローしてみるといいかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

Profile

twitter

google+
@beopener12on Google+

Facebook

サイト内検索

記事を検索したいときはここにキーワードを入れて検索ボタンをクリックすれば見つかるかも・・・

スポンサードリンク

おすすめ

このページの先頭へ