Googleに素早くインデックスしてもらうためにPuSHPressを導入した

ブログがもっとGoogleから高い評価を受けていれば、こんな細かいところまで気を配らなくてもいいのかもしれないが。

パクリサイトが先にインデックスされて、自分のサイトがインデックスされず、なんだかどっちがパクリなんだか分からない扱いをされると、少しでも対策をとっておいて損は無いと思う。

そこで導入したのがWordpressのプラグイン「PuSHPress」。

PuSHPressの役割

このプラグインを導入したのは、Google、PubSubHubbubで真のリアルタイムインデックスを実現 | 海外SEO情報ブログで紹介されていたから。

何をするのかをおおまかに言うと、“Hub”というサービス(サーバー)がコンテンツの更新を随時通知する仕組みになります。

現在は、たとえばRSSリーダーでブログを購読していたとすると、RSSリーダーは定期的にブログに「更新はありますか?」と問い合わせして、更新があれば新しいコンテンツを取得しています。
更新がなければ「はい、そうですか。ではまた出直します。」と言って終わりです。

(中略)

つまり、ハブには最新の情報がリアルタイムで常に届くということになります。

(中略)

しかしPubSubHubbubに対応していさえすれば、こちらからGoogleに更新を伝えることができるのです。
「新しいコンテンツを公開したからインデックしに来い」と。

これが目的になる。

もちろんブログがGoogleから高い評価を受けていれば別だろうが、そうでないなら、導入しておいて損することは無い気がする。
Googleに認知してもらえれば、「パクリサイト扱い」されることもないだろうし。

インストールして有効化すればオッケーみたいなので、興味あるかたは入れておくといいかも。

参照:Google、PubSubHubbubで真のリアルタイムインデックスを実現 | 海外SEO情報ブログ


企業サイト/スマホサイト/ECサイトを制作しながら学ぶ 魅せるWordPressサイト
安住 光 (著), 佐々木 恵 (著), 安間 絵梨奈 (著)

単行本(ソフトカバー): 272ページ
出版社: ラトルズ; 初版 (2013/3/22)
言語 日本語


スポンサードリンク

RSS購読のススメ

RSS

定期的に読んでいただけるかたはRSS登録しておくと便利です。RSS登録はこちら!!

びーおーぷんどっとねっとのRSS登録

Twitterでも情報をつぶやいているので、フォローしてみるといいかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

Profile

twitter

google+
@beopener12on Google+

Facebook

サイト内検索

記事を検索したいときはここにキーワードを入れて検索ボタンをクリックすれば見つかるかも・・・

スポンサードリンク

おすすめ

このページの先頭へ