サイトマップを自動で作成してくれるPS Auto Sitemapの使い方

サイトマップを自動で作成してくれるのでかなり便利です。
実際にどの程度の人がサイトマップを見てくれているのかは別問題ですけど。

PS Auto Sitemapのダウンロード

PS Auto Sitemapの公式ページ

ps-auto-sitemapWordPress › PS Auto Sitemap « WordPress Plugins

プラグイン→新規追加からでもインストールできます。
インストールが完了したら有効化します。

PS Auto Sitemapの設定

有効化するだけではサイトマップページは残念ながらできあがりません。
新規固定ページか新規投稿でサイトマップページをつくります。

  1. サイトマップを表示させたい記事を作成します。
  2. 作成した記事のcontent部分に、HTMLモードで以下のコードを入力します。
    <!-- SITEMAP CONTENT REPLACE POINT -->
  3. 記事編集画面で記事ID(アドレスバーの &post=nn )を確認し、『サイトマップを表示する記事』欄に指定します。

記事は、新規投稿でも、新規固定ページでもどちらでもOK。2番目のコード貼り付けはかならず「テキスト」モードで作業してください。「ビジュアル」モードだとダメです。

ちょっと嵌りそうなのが3番。アドレスバーは自分のブラウザのURLを入力するところです。記事を投稿すると、アドレスバーにかならずpost=〇〇という表示がありますからその〇〇をメモしておいてください。

記事の投稿が完了したら、設定→PS Auto Sitemap のページに行きます。
そして上から4番目の「サイトマップを表示する記事」という項目に先ほどメモした番号を記入し、変更を保存。

するとサイトマップページができています。
あとはスタイルを変えられたり、何をサイトマップに表示するか?など細かい設定ができるようです。設定画面もすべて日本語表記されているので見れば意味が解ると思います。

サイトマップページを手軽に作りたい人には手軽でいいと思います。


基礎からのWordPress (BASIC LESSON For Web Engineers)
高橋 のり (著)
大型本: 408ページ
出版社: ソフトバンククリエイティブ (2013/1/29)
発売日: 2013/1/29

商品の詳細を確認

スポンサードリンク

RSS購読のススメ

RSS

定期的に読んでいただけるかたはRSS登録しておくと便利です。RSS登録はこちら!!

びーおーぷんどっとねっとのRSS登録

Twitterでも情報をつぶやいているので、フォローしてみるといいかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

Profile

twitter

google+
@beopener12on Google+

Facebook

サイト内検索

記事を検索したいときはここにキーワードを入れて検索ボタンをクリックすれば見つかるかも・・・

スポンサードリンク

おすすめ

このページの先頭へ