WordPressに関連記事を表示させるYARPPというプラグインをインストール&設定した

 Wordpressはいろんなプラグインがあるので非常に便利なんですが、「関連する記事」を記事の最後にいれてくれるYARPPというプラグインをインストールしました。

YARPP と言っていますが、本名は「Yet Another Related Posts Plugin」というプラグインです。もう何年か前になると思いますが、Googleのマット・カッツ氏もオススメしていた!なんて話もあり、関連記事を掲載するプラグインとしては、かなりメジャーですね。

スポンサードリンク
[adsense2]

YARPPをインストールする

WordPressのプラグインなんで非常にインストールも簡単なんですが。インストール方法は2つ。

  1. WordPress › Yet Another Related Posts Plugin « WordPress Pluginsからダウンロードして wp-content/plugins/ にアップロードする。
  2. 管理画面→プラグイン→新規追加→検索窓にYARPP で Yet Another Related Posts Plugin が出てくるのでインストールする

どちらでもインストールできます。それからプラグインを有効化して、細かい設定を行います。

よしインストール完了した!っと思ったら、ブログに最後に表示されるのは「 Not related Post 」の文字だけ!

関連記事表示されませんけど・・・ということで設定を見直す。

設定の関連記事(YARPP)で詳細設定を行う

管理画面のメニューから設定→関連記事(YARPP)をクリックすると詳細設定できる画面に進める。ここでまずは右上の表示オプションをクリックして「表示項目」の「フィルター設定」と「関連スコア設定」にチェックを入れて、それぞれの項目を表示させるようにする。

あとで気づいたが、フィルター設定はデフォルトのままにしてた。

次に「関連スコア設定」の「表示する最低関連スコア」がデフォルトで5になっているので、3にしてあげる。この最低関連スコアが結構基準が厳しいようで、5だとことごとく「no related post」になる。

あとはどの項目を重要視するか?とか無視するか?とか選べるけど、僕の場合はカテゴリーとタグを中心に表示して欲しいので、この2つは重要視するにしておいた。

次に、表示設定を変える。デフォルトは「pタグとolタグ」になっているのをタイトルは「h3タグ」に関連記事は「ul」で表示させることにしました。このあたりはお好みなんでしょうけど。

最後に、このYARPPはデフォルトでは記事の一番最後に挿入されることになりますが、自分の好みで場所が変えられます。任意の場所に変更したい時は表示設定の一番上の項目「自動的に関連記事を表示する」のチェックを外し、single.phpの挿入したい場所に以下のコードを挿入します。

single.phpに挿入
<?php related_posts(); ?>

これで好きな場所に挿入することが可能になります。

これで記事の一番最後に、関連記事が表示されるようになりました。そのうち少し手を加えるかもしれませんけど。とりあえずはOK!

スポンサードリンク

RSS購読のススメ

RSS

定期的に読んでいただけるかたはRSS登録しておくと便利です。RSS登録はこちら!!

びーおーぷんどっとねっとのRSS登録

Twitterでも情報をつぶやいているので、フォローしてみるといいかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

Profile

twitter

google+
@beopener12on Google+

Facebook

サイト内検索

記事を検索したいときはここにキーワードを入れて検索ボタンをクリックすれば見つかるかも・・・

スポンサードリンク

おすすめ

このページの先頭へ