カテゴリーとタグの違いと使い方 WordPressでブログをつくるときの参考に

特にWordpreeに限った話ではないと思うけど、カテゴリーとタグの使いわけに関して。
今までとくに細かなことは考えずに使っていたけど、気になったので調べた。

わかりやすかったのはこの説明。

簡単に言いますと、カテゴリーは大きな分類、タグは投稿ごとのキーワードといった感じで使うのが良いかと思います。

サイトによって何をカテゴリーにするか、何をタグにするかは様々ですが、例えば料理のサイトを例にとってみます。

カテゴリーの例:

  • 中華レシピ
  • 洋食レシピ
  • 和食レシピ
    • 肉料理
    • 魚料理
    • 野菜料理
    • 豆腐・豆料理

タグの例:
(「和食レシピ > 肉料理」サブカテゴリー内の、「ハンバーグ」という投稿)
ひき肉、玉ねぎ

(「和食レシピ > 豆腐・豆料理」サブカテゴリー内の、「麻婆豆腐」という投稿)
豆腐、ひき肉、豆板醤

このように、カテゴリーでは大分類を行ない、タグでカテゴリを横断した分類をすることができます。

umiminsorarin さんのブログなら、例えば「学校イベント」「料理」などをカテゴリーにしてみるのはいかがでしょうか?そして、キーワードとなる言葉をタグにしていくと、サイト内で同じ内容の記事が探しやすくなります。

すべてを変換してしまわず、サイト内の再構成を考えて整理すると良いかと思います。

タグとカテゴリーの違い « WordPress.com 日本語フォーラム

当たり前だと思う人はきっと整理上手な人なのか、常にこうして系統だって考えるのが得意な人でしょう。

カテゴリーとタグの使い分け

カテゴリーは階層構造をもっている。
なので大分類→中分類→小分類などより具体的に仕分けができる。

一方でタグは階層構造を持たない。
だからタグは使い道が限定的になる。というより階層構造化されたカテゴリーを横断する分類ができるように「あえて機能を削っている」のだろう。

そもそもこの「カテゴリーとタグ」の使い分けが気になったのは、実はEvernoteがもはや意味がわからないことになっているのがキッカケ。

Evernoteのカテゴリー分けはしているものの、タグをうまく管理できていないために検索がしにくい状況になった。
タグをその場の勢いでつけるのではなく、「カテゴリを横断した分類」としてつけていればもう少し使いやすいものになっていたはず。

なんて反省をしている。

もしカテゴリーとタグの使い方で迷っているなら

カテゴリーでは大分類を行ない、タグでカテゴリを横断した分類

これを意識してみるとうまくいくかもしれない。

しかしこの考え方どっかでみたことあるな・・・と思ったら、ロジックツリーと一緒ですね。横にMECE的なアレです。
ということは論理的な人がつくるブログの方が構造がキレイになるってことですかね?

ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル (Best solution)
照屋 華子 (著), 岡田 恵子 (著)
単行本: 227ページ
出版社: 東洋経済新報社 (2001/04)
言語 日本語
商品の詳細を確認

スポンサードリンク

RSS購読のススメ

RSS

定期的に読んでいただけるかたはRSS登録しておくと便利です。RSS登録はこちら!!

びーおーぷんどっとねっとのRSS登録

Twitterでも情報をつぶやいているので、フォローしてみるといいかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

Profile

twitter

google+
@beopener12on Google+

Facebook

サイト内検索

記事を検索したいときはここにキーワードを入れて検索ボタンをクリックすれば見つかるかも・・・

スポンサードリンク

おすすめ

このページの先頭へ