Google XML Sitemapsのプラグインを導入した

Google XML Sitemaps

Google XML Sitemapsをこのブログにインストールした。

まあなんですか。インストールしておきました。自分で導入したプラグインなんかも書いておくと、あとで見返すときに便利かなと思いますし。

Google XML Sitemapプラグインについて

Sitemap.xmlを自動で生成してくれるプラグイン。XMlファイルでサイトマップは検索エンジンに向けたサイトマップになる。

サイトマップとは、サイト構造を示すシンプルな HTMLページで、たいていの場合はサイト内のページを階層的に表したリストで構成されます。サイトを訪れた人が、目的のページを見つけるのに困ったときに閲覧することがあります。
検索エンジンもこのページを訪問し、サイトのページのクロール 範囲を広げるために利用することがあります。このサイトマップは、“sitemap”《先頭が小文字》で表されます。

一方、XMLサイトマップ(“Sitemap”《先頭が大文字)は、Googleウェブマスターツールを使って送信することができ、Google があなたのサイトにあるページを見つけ出す手助けとなります。

プラグインはWordPress › Google XML Sitemaps « WordPress Pluginsでダウンロード。pluginsフォルダにアップロードして有効化すれば完了。

レンタルサーバーによっては自動でxmlファイルを生成してくれないので、ルートに空のsitemap.xmlファイルを作成してパーミッションを書き込み可能にしておく(606とかだったらOKだった気がする。)

今回はそんな作業必要なし。プラグイン→有効化で完了。

あとはgoogleウェブマスターツールに登録すれば終了ですが、それは今度時間があるときにやるとしよう。

スポンサードリンク

RSS購読のススメ

RSS

定期的に読んでいただけるかたはRSS登録しておくと便利です。RSS登録はこちら!!

びーおーぷんどっとねっとのRSS登録

Twitterでも情報をつぶやいているので、フォローしてみるといいかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

Profile

twitter

google+
@beopener12on Google+

Facebook

サイト内検索

記事を検索したいときはここにキーワードを入れて検索ボタンをクリックすれば見つかるかも・・・

スポンサードリンク

おすすめ

このページの先頭へ