Windowsにvimをインストールするときにやることリスト(備忘録)

windows10でvimを使うためにすること。
特に、難しいことは何もしていないのですが、備忘録。

vimのダウンロード

自分ではビルドできないので、簡単に利用できる「香り屋」さんのvimを利用させてもらっています。
こちらからダウンロード → Vim — KaoriYa

これ1つをダウンロードして解凍すればすぐにVimを使うことが出来ます。

ありがとうございます。

環境変数に追加

次にコマンドプロンプトからでも動かせるように環境変数を追加する。

コントロールパネル → システム → システムの詳細設定 → 環境変数
いつも場所がわからなくなるので・・・。

UTF-8化

utf-8でつくったりしたのが文字化けするので。

Kaoriya版Vimのフォルダ内にある /switches/catalog/utf-8.vim を /switches/enabled へコピー
これでおしまい。

参照:WindowsのKaoriya版vim/gvimの問題と対処 – fudist

vimで開くをつくる

右クリックメニュー(コンテキストメニュー)に”Vimで開く”を追加して何でもかんでもVimで手軽に開けるようにしよう!という試み。

ここを参照して全部同じように!

あとは同梱のReadmeを読んでPythonやらRubyのバージョンを確認(前にハマったから)。必要なバージョンをインストール。

これで問題なく使えるはず。

スポンサードリンク

RSS購読のススメ

RSS

定期的に読んでいただけるかたはRSS登録しておくと便利です。RSS登録はこちら!!

びーおーぷんどっとねっとのRSS登録

Twitterでも情報をつぶやいているので、フォローしてみるといいかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

Profile

twitter

google+
@beopener12on Google+

Facebook

サイト内検索

記事を検索したいときはここにキーワードを入れて検索ボタンをクリックすれば見つかるかも・・・

スポンサードリンク

おすすめ

このページの先頭へ