Google2段階認証を導入 – Googleアカウントのセキュリティ強化に

最近はアカウントやパスワードの漏洩や不正な侵入など不穏なニュースをよく聞くようになりました。
Googleのサービスを使用している人は多いと思います。

自分のアカウントに不正に侵入されないようにセキュリティを強化しましょう。

Googleの2段階認証サービス

Googleはセキュリティ強化の対策として、「2段階認証プロセス」を導入しています。
2段階認証プロセスを使用すれば、パスワードが盗まれてもアカウントの不正使用を防止できます。

従来のGoogleアカウントだと、「アカウント名 + パスワード」を入力すると自分のGoogleアカウントにログインできるようになり、各種サービスを使うことができました。

アカウントとパスワードが他人の手に渡ってしまうと、誰でもログインできる状況です。

これを阻止するために2段階認証プロセスを利用します。
2段階認証プロセスは、従来の「アカウント名 + パスワード」の入力とさらに、携帯電話でテキスト、音声通話、モバイルアプリを介してログインのたびに発行されるコードの入力を求められます。

これによって「アカウント名+パスワード+携帯などの通信端末に送信されたコード」が必要になります。
ログインのたびに発行されるコードが変わるために安全度が高くなるという仕組みです。

詳しくはGoogle 2 段階認証プロセスをご覧ください。

スポンサードリンク

実際に2段階認証を導入する

作業は4ステップで完了します。

まずはGoogle アカウントにログインします。

ログインしたら画面中央付近にある、2段階認証プロセスの設定をクリックして設定画面に進みます。

google2dankai

設定を開始。

gninsyou1
ここで携帯のメールアドレスを入力します。@以前を入力し、@マーク以下はドロップダウンで選びます。
音声受け取りにしてもいいのですが、毎回電話がかかってくるのでウンザリします。

gninsyou2

コードが携帯にメールで送られてくるので入力してください。

gninsyou3

普段使いのパソコンで特に認証が必要なければチェックをいれておきましょう。

gninsyou4

これで最後に確認をクリックすると2段階認証が有効になります。
アカウント漏洩などが気になる方はやっておきましょう。

スポンサードリンク

RSS購読のススメ

RSS

定期的に読んでいただけるかたはRSS登録しておくと便利です。RSS登録はこちら!!

びーおーぷんどっとねっとのRSS登録

Twitterでも情報をつぶやいているので、フォローしてみるといいかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

Profile

twitter

google+
@beopener12on Google+

Facebook

サイト内検索

記事を検索したいときはここにキーワードを入れて検索ボタンをクリックすれば見つかるかも・・・

スポンサードリンク

おすすめ

このページの先頭へ