Ubuntu14.04LTSでfcitxからibusに戻した

UbuntuのIMEはもともとiBusを利用していたのですが、iBusのアップデートで使い勝手が悪くなったということもあって、Fcitxに変更していたのですが、わけあってiBusに戻すことにしました。

ということで、手順を忘れないように残しておこうと思います。

FcitxからiBusに戻す

戻す方法がサッパリわからないので、Fcitxをアンインストールしようか。と考えていたのですが、それだと、また環境を戻したくなったときにツライ。
どうせだったら切り変える方法がないものかと思っていたら、ずばりその方法が見つかりました。

Ubuntu 14.04 日本語Remixでは、13.10とは異なる入力メソッド、Fcitxがデフォルトになっています。これをibus-mozcに切り替えるには端末を起動して、mozc-setup-helperというコマンドを実行します

Ubuntu 14.04 日本語Remixの入力メソッドをibus-mozcに切り替える – M12i.

端末起動して。

$mozc-setup-helper

で、あとは画面にでてくる手順に従って操作するだけで問題なく切り替わりました。
その後、再起動が必要だったので再起動すると、「本当にibusでいいの?」って聞かれたので、OKすればibusに戻ります。

これでibusが利用できるようになりました。

日本語入力がスムーズにできるように修正

ibusに変更したら、日本語入力と直接入力(半角英数)の切り替えが上手くいかなくなりました。
ibusのテキスト入力設定をいじったもののダメ。

というのも、僕はあまり「半角/全角」キーを利用して切り替えをしません。
無変換キーと変換キーを利用して入力を切り替えたいんです。

Fcitxでは問題なく利用できていましたが、ibusにしたらどーも挙動がおかしい。
どうやら「無変換キー」と「変換キー」をちゃんと認識していない模様。

ということで、Xmodmapを利用してキーバインドを設定しなおすことに。
これも以前やっていたはずですが、忘れてしまったので、書いておくことにします。
といっても手順は簡単でスリーステップで終了。

  1. xevでkeycodeを確認
  2. .Xmodemapファイルに書き込み
  3. .Xmodmapファイルを読み込む

以上です。

1.xevを起動

$xev

これで起動完了。
「無変換」と「変換」キーのKeycodeを知りたいので、それぞれのキーを押します。

端末上に

Key Press event ・・・なんたらかんたらって文字がでてくるので、その中のkeycodeって文字を探します。
変換キーを押した場合はkeycode 102、無変換キーはkeycode 100という結果になりました。

.Xmodemapに書き込み

.Xmodmapに書き込みます。

keycode 100 = Muhenkan
keycode 102 = Henkan

これで保存。HOMEディレクトリに保存。

xmodmapを実行

xmodmapを実行すればOK。

$xmodmap ~/.Xmodmap

これで無変換、変換キーを利用できるようになりました。
もともとcapsとctrlを入れ替えているので、起動時にxmodmapコマンドが自動で実行される仕組みになっています。
やり方はスッカリ忘れましたけど。

とにかくこれでibusでもあまり問題なく利用できる環境に戻すことができました。

スポンサードリンク

RSS購読のススメ

RSS

定期的に読んでいただけるかたはRSS登録しておくと便利です。RSS登録はこちら!!

びーおーぷんどっとねっとのRSS登録

Twitterでも情報をつぶやいているので、フォローしてみるといいかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

Profile

twitter

google+
@beopener12on Google+

Facebook

サイト内検索

記事を検索したいときはここにキーワードを入れて検索ボタンをクリックすれば見つかるかも・・・

スポンサードリンク

おすすめ

このページの先頭へ