Ubuntuの日本語フォルダを英語表記に変更する

Ubuntuの12.0.4LTSをインストールしてしばらく立ちましたが、ふと困ったことに今さらながら気づきました。

ホームの各フォルダがほとんど日本語なんです。例えば「ダウンロード」とか、「ドキュメント」になっているわけです。

まあTerminalやEmacsで操作するときには「Download」とか「Documents」とかで操作できるのかと思いきや、できないんです。~/ダウンロード/〇〇みたいな感じになってしまうわけです。これTerminalやEmacsで開こうとするとき相当不便なんです。

・・・で、不便なので英語表記にしちゃいました。

LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update

ここを参考に:ubulog: ubuntuの日本語のディレクトリ名を直してみた

スポンサードリンク

これで確認画面になるので、OKを押せば変更されます。ちなみに日本語名フォルダ内にデータが残っていると、そのフォルダは日本語名のまま残って、それとは別に、英語フォルダが作られるみたいです。

例えば、「ダウンロード」フォルダになにかファイルが入っていて、上記コマンドを実行すると、「Download」と「ダウンロード」の2つフォルダができあがります。

日本語への戻し方はわからないので、日本語のフォルダ名がいい方は触らないほうがいいと思いますけど。

スポンサードリンク

RSS購読のススメ

RSS

定期的に読んでいただけるかたはRSS登録しておくと便利です。RSS登録はこちら!!

びーおーぷんどっとねっとのRSS登録

Twitterでも情報をつぶやいているので、フォローしてみるといいかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

Profile

twitter

google+
@beopener12on Google+

Facebook

サイト内検索

記事を検索したいときはここにキーワードを入れて検索ボタンをクリックすれば見つかるかも・・・

スポンサードリンク

おすすめ

このページの先頭へ