RailsでWARN TCPServer Error: Address already in use – bind(2)がでたときの対処法

なんか以前も書いた気がしないでもないのですが、rails で WARN TCPServer Error: Address already in use – bind(2) というエラーがでたときの対処方法

このエラーがでたので、エラーの内容を読みすすめてみると

Address already in use - bind(2)

という表示がある。要するにport:3000は既に使われていますよってことなのかな?

というより、前回の作業をおえるときに、切らずに繋ぎっぱなしにしてしまったようです。

対処方法としては、使用中のプロセスを切ってあげればいいみたいです。

$ lsof -i:3000
COMMAND   PID    USER   FD   TYPE DEVICE SIZE/OFF NODE NAME
ruby    25473           7u  IPv4 159746      0t0  TCP *:3000 (LISTEN)

ということで 25473 を切ればいいようです。

$kill -9 25473

これで rails server コマンドが正常に使えるようになります。

参照:lsofの使い方 – プロセスが使用中のファイルを調べる – うまい棒blog

スポンサードリンク

RSS購読のススメ

RSS

定期的に読んでいただけるかたはRSS登録しておくと便利です。RSS登録はこちら!!

びーおーぷんどっとねっとのRSS登録

Twitterでも情報をつぶやいているので、フォローしてみるといいかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

Profile

twitter

google+
@beopener12on Google+

Facebook

サイト内検索

記事を検索したいときはここにキーワードを入れて検索ボタンをクリックすれば見つかるかも・・・

スポンサードリンク

おすすめ

このページの先頭へ