Mebayからの仕事の依頼ーHeadFirstRailsをRails3でやってみる6

Ruby_on_Rails

第2章に突入。遅々として進まない感じがしますが、マイペースでやっているからこうなる。第2章ではscaffoldで作成される機能が多すぎるということで、ここからはアプリケーションを手作業で作成する流れになるようで。

scaffoldで作成していたものを個別に作っていく感じでしょうか。

モデルの作成

モデルを作成。コードが少し違います。

$ rails generate model ad name description:text price:decimal seller_id:integer email img_url

rails3.2からデフォルトがstringになっているのでstringは省略しています。これでmodelとデータmigrationができているのでテーブルを作成。ここのコードは変わらず。

$ rake db:migrate

これでデータベースのテーブルまで完成。

参考書籍

Head First Rails ―頭とからだで覚えるRailsの基本
大型本: 464ページ
出版社: オライリージャパン (2010/1/18)
言語 日本語
ISBN-10: 4873114381
発売日: 2010/1/18


Rails3レシピブック 190の技
単行本: 496ページ
出版社: ソフトバンククリエイティブ (2011/7/25)
ISBN-10: 4797363827
ISBN-13: 978-4797363821
発売日: 2011/7/25


スポンサードリンク

RSS購読のススメ

RSS

定期的に読んでいただけるかたはRSS登録しておくと便利です。RSS登録はこちら!!

びーおーぷんどっとねっとのRSS登録

Twitterでも情報をつぶやいているので、フォローしてみるといいかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

Profile

twitter

google+
@beopener12on Google+

Facebook

サイト内検索

記事を検索したいときはここにキーワードを入れて検索ボタンをクリックすれば見つかるかも・・・

スポンサードリンク

おすすめ

このページの先頭へ