Ubuntu12.0.4 で rbenv と ruby-build をつかって ruby 1.9.3-p286 をインストールした

Ubuntu12.0.4に rbenv をいれてRubyを使っています。先日、Ruby 1.9.3-p286 リリースされていたので、インストールしてみました。

rbenvインストール

バージョン管理にはrbenvを使っていますが、Ubuntu12.0.4からはパッケージで使えるようになったので・・・。

#rbenvのパッケージをインストール
sudo apt-get install rbenv
echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bashrc

これで rbenv はインストール完了。git で入れたほうがいいのかもしれませんが、 .rbenv ディレクトリの中身もすっきりしていていいです。

ruby-buildインストール & Rubyインストール

次にruby のインストールに便利な ruby-build をいれます。

git clone git://github.com/sstephenson/ruby-build.git
cd ruby-build
sudo ./install.sh

これで ruby-build もインストール完了。「rbenv install 」コマンドで ruby のインストールができるようになりました。
ちなみに僕の場合は、以前から入れていたので、今回は、ruby-build をバージョンアップする必要がありました。

cd ruby-build
git pull

#インストールし直す必要があるみたいです。
sudo ./install.sh

これ新しいバージョンのrubyもインストールできるはず。git puu のあとに再度 install.sh を実行しなければいけないみたいです。ここ少し嵌りました。

でリストを確認してみます。

rbenv install -l
(略)
1.9.3-p0
1.9.3-p125
1.9.3-p194
1.9.3-p286
1.9.3-preview1
1.9.3-rc1
2.0.0-dev
(略)

無事に 1.9.3-p286 があります。これをインストールします。

スポンサードリンク
[adsense2]

#rubyインストール
rbenv install 1.9.3-p286
rbenv rehash
#普段使うverを指定
rbenv global 1.9.3-p286
#バージョン確認
ruby -v
ruby 1.9.3p286 (2012-10-12 revision 37165) [i686-linux]

無事にインストール完了。これから gem をインストールしなければなりません。

Emacsでも正常に動かくか確認

エディターは Emacs を使用しているので、ちゃんと動くか確認してみました。

#! /usr/bin/env ruby
#coding: utf-8

puts RUBY_VERSION
puts RUBY_PATCHLEVEL
puts RUBY_RELEASE_DATE

これを rcodetools の xmpfilter で表示させようとしたらエラー!!なんで?と思っていたんですが。 gem をインストールするの忘れていました。

gem install rcodetools
gem install fastri
rbenv rehash

さて動くでしょうか??

#! /usr/bin/env ruby
#coding: utf-8

puts RUBY_VERSION
puts RUBY_PATCHLEVEL
puts RUBY_RELEASE_DATE

# >> 1.9.3
# >> 286
# >> 2012-10-12

無事にインストール出来ました。


たのしいRuby 第3版


スポンサードリンク

RSS購読のススメ

RSS

定期的に読んでいただけるかたはRSS登録しておくと便利です。RSS登録はこちら!!

びーおーぷんどっとねっとのRSS登録

Twitterでも情報をつぶやいているので、フォローしてみるといいかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

Profile

twitter

google+
@beopener12on Google+

Facebook

サイト内検索

記事を検索したいときはここにキーワードを入れて検索ボタンをクリックすれば見つかるかも・・・

スポンサードリンク

おすすめ

このページの先頭へ