なぜ宝くじを買うのか、保険に加入するのか?

なぜほとんど当たる見込みのない「宝くじ」を購入してしまうのか、なぜそれほど病気で入院したり、若くして亡くなる可能性が低いというのに生命保険や医療保険に加入してしまうんでしょうか。

ということが


ファスト&スロー (下): あなたの意思はどのように決まるか?
単行本: 350ページ
出版社: 早川書房 (2012/11/22)
言語: 日本語
ISBN-10: 4152093390

商品の詳細を確認

この本に書かれています。

以下抜粋です。

宝くじが人気なのはこのためである。最高賞金額が非常に大きいとき、人々は当たる確率が非常に低いことを無視する。宝くじは、可能性効果の端的な例である。買わなければ当たる確率はゼロだが、買えばチャンスが生まれる。そのチャンスがどれほど小さかろうと、気にならない。人々は単に当たる確率ではなく、心楽しく夢を見る権利を買うのである。

(中略)

保険をかける状況である。人々は巨額の損失の可能性がわずかでもあるときには、期待値に対して不釣り合いに多い額を保険に投じる。保険会社がコストをカバーし利益を得られるのは、このためだ。ここでもまた、人々はめったに起きない災害に対する備えだけではなく、不安を取り除き心の平安を買う。

もちろん保険に加入することや宝くじを買うことを否定するものではないんですけどね。
こういう心理が詐欺だったり、高額な保険に(セールスの口車に乗せられて)加入してしまう要因になるということです。

あなたが思っているほど、宝くじに当たることはないし、保険にお世話になることもないということ。その可能性を過大評価しすぎているんです。
そのために多くのお金を払わされているということを覚えておきましょう。

この本は人がどのように意思決定をするのかが書かれているのですが、それを検証するための実験が一緒に載っています。それが面白い。

どちらを選びますか?

A 61%の確率で52万ドルもらえる、または、63%の確率で50万ドルもらえる

どちらを選びますか?

B 98%の確率で52万ドルもらえる、または100%の確率で50万ドルもらえる

こんな問題がたくさん出てきます。そして一般的にはどちらが選ばれるかがわかります。僕はことごとく「みんなが選ぶ」ものと同じものを選んでましたけど。

答えを知りたい方は本を読んでみて下さい。


ファスト&スロー (下): あなたの意思はどのように決まるか?
単行本: 350ページ
出版社: 早川書房 (2012/11/22)
言語: 日本語
ISBN-10: 4152093390

商品の詳細を確認

そういえば、最近、toto BiG の広告をみるようになりましたね。どうやら再び10億円あたるキャンペーンを展開しているようです。
前回はなんと「9人の人に10億円が当選」したそうです。

今回の販売は3月1日が締め切りですよ。
忘れないうちにドサッと買っておきましょう!!

スポンサードリンク

RSS購読のススメ

RSS

定期的に読んでいただけるかたはRSS登録しておくと便利です。RSS登録はこちら!!

びーおーぷんどっとねっとのRSS登録

Twitterでも情報をつぶやいているので、フォローしてみるといいかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

Profile

twitter

google+
@beopener12on Google+

Facebook

サイト内検索

記事を検索したいときはここにキーワードを入れて検索ボタンをクリックすれば見つかるかも・・・

スポンサードリンク

おすすめ

このページの先頭へ