セス・ゴーディンの語るマーケティングを成功させる5つの原則

セス・ゴーディン著「マーケティングは「嘘」を語れ!―顧客の心をつかむストーリーテリングの極意」より。

この本のタイトルそのものが、ちょっと釣り臭いところがあるが、非常に面白い本。(ちなみにどうして、このタイトルにしたのかも本書の中で語られている)
いきなり、マーケターとして成功する秘訣が書かれている。

マーケターとして成功するには、ただ、消費者が好んで信じようとする物語を提供すればいいのだ。

なるほど、実に単純な話。ただ、この一行だけでは殆ど意味が分からない。
そこでマーケティングを成功させる5つの原則が登場。

マーケティング5つの原則

原則1:マーケティング以前に、消費者の世界観、枠組みが存在する
どんな消費者も、こちらが売りたい製品に影響する世界観をもっている。こちらの言動をどう解釈するかによって、その世界観は変化する。その世界観に合わせて物語の枠組みを作れば、物語を聞いてもらえる

原則2:人々は新しいものだけに気づき、その上で推測する
人々はこれまでと違う新しいものしか気づかない。そして、何か新しいものに気づくと、彼らは次に何をすべきか推測を始める

原則3物語は第1印象から始まる
人間はごくわずかな時間で非常に高度な判断を下すことができる。そして、いったん結論を引き出してしまえば、人はそれを変更することに抵抗する。

原則4優れたマーケターは、私達が信じるような物語を語る
私たちは物語に誘われて、自分にウソをつくようになる。その嘘が、私たちの欲望を満足させる。消費者を喜ばせるのは、実際に販売される製品・サービスではなく、物語なのである。

原則5「ホンモノ」を持っているマーケターが成功する

基本的には心理学のような話。

本書は「満足の心理学」に関する本である。

キチッと書いてくれていました。満足の心理学に関する本だそうです。ちょっと原則を並べただけでは分かりづらいかもしれないが、この本を読めば多分、腹に落ちると思う。そのための事例がいくつも出てくる。(ただ、残念なことにアメリカの事情を知らないと、何の話?って事例や言葉もでてくる。)

ただ非常の面白い話が出てくる。営業マンや商品を売り込む人は一度読んでみて損はないと思います。

参考書籍

マーケティングは「嘘」を語れ!―顧客の心をつかむストーリーテリングの極意


スポンサードリンク

RSS購読のススメ

RSS

定期的に読んでいただけるかたはRSS登録しておくと便利です。RSS登録はこちら!!

びーおーぷんどっとねっとのRSS登録

Twitterでも情報をつぶやいているので、フォローしてみるといいかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

Profile

twitter

google+
@beopener12on Google+

Facebook

サイト内検索

記事を検索したいときはここにキーワードを入れて検索ボタンをクリックすれば見つかるかも・・・

スポンサードリンク

おすすめ

このページの先頭へ