アクセス過多などで見れなくなっているサイトを見る方法

人気の記事だったりすると、アクセスが集中して記事が見られない時がある。
今すぐそのサイトの中身を知りたいって人もいると思うので、アクセス過多などでサイトが閲覧出来なくなっているときにそのサイトを見る方法を書いておく。

まず、見たいサイトのURLをコピーして、Googleの検索窓に貼り付けて検索。

mypage-google-search

キャッシュって文字が出てくると思うので、ここをクリックすると。サイトが開く。
ただしアクセスが集中しているときには、以下の画像が上部に表示され、それ以外の読み込みが行われている状態になる。

text-cache

画像がかなり横長なので、そこに書かれている文章をピックアップ。

これは Google に保存されている http://blog.be-open.net/ のキャッシュです。 このページは 2013年2月20日 10:46:10 GMT に取得されたものです。 そのため、このページの最新版でない場合があります。 詳細
ヒント: このページで検索キーワードをすばやく見つけるには、Ctrl+F または ⌘-F(Mac)を押して検索バーを使用します。
テキストのみのバージョン

文の最後に書かれている「テキストのみバージョン」というリンクをクリックすると、画像やら何やらはでてこないが、文章は全て表示されるようになる。
こんな感じ。

cache-mypage

これでCSSなどは読み込まれないが、そのサイトに書かれている文章は見ることができる。

この方法はGoogleの検索窓に直接

cache:検索したいURL

で検索をしても見ることが可能になる。
説明文みているだけだと分かりづらいかも知れないけど、やってみたら意味分かると思う。

キャッシュの仕組みについてはキャッシュリンク – ウェブ検索 ヘルプで確認してみて。

プロデザイナー御用達「Linotype」の高品質なフォント(5万円相当)が期間限定で無料でダウンロードできますよ | コリス プロデザイナー御用達「Linotype」の高品質なフォント(5万円相当)が期間限定で無料でダウンロードできますよ | コリスさんのサイトが開かなかったんでちょっと書いてみた。


できるポケット Google スマートに使いこなす基本&活用ワザ 180 [グーグルの便利ワザ160 改訂新版]
渥美 祐輔 (著), できるシリーズ編集部 (著)
単行本(ソフトカバー): 288ページ
出版社: インプレスジャパン; 改訂新版 (2011/9/26)
ISBN-10: 4844330926

スポンサードリンク

RSS購読のススメ

RSS

定期的に読んでいただけるかたはRSS登録しておくと便利です。RSS登録はこちら!!

びーおーぷんどっとねっとのRSS登録

Twitterでも情報をつぶやいているので、フォローしてみるといいかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

Profile

twitter

google+
@beopener12on Google+

Facebook

サイト内検索

記事を検索したいときはここにキーワードを入れて検索ボタンをクリックすれば見つかるかも・・・

スポンサードリンク

おすすめ

このページの先頭へ