空目という言葉をTwitterで初めて知った

 「空目」という言葉があるのを初めて知った。
「空耳」ならよく耳にすることもあるが、「空目」なんて言葉があるのは知らなかった。

とは言ってもこれは造語の可能性もある。軽い気持ちでふだん使いすると恥をかくこともある。ということで、一応調べて見ることにした。

空目

そらめ 2 【空目】
(1)見えないのに見たように思うこと。

(2)見て見ないふりをすること。
「―を使う」
(3)ひとみを上に向けること。うわめ。
「羽織を畳みながら一寸余の顔を―で見る/大内旅宿(虚子)」
空目とは – 日本語表現辞典 Weblio辞書

なんとすぐに出てくる。これは正式な日本語という事だ。
さっそく今日から積極的に使うことにする。このブログを観た人も安心して使って欲しい。

「空目」という言葉は存在しているのだ。
本当にそんな言葉あるの?と聞かれたらこのブログを紹介してくれればいい。

しばらくは「見間違いじゃない?」と訊くところを「空目じゃない?」といえばOK。早速、実践しよう。

スポンサードリンク

RSS購読のススメ

RSS

定期的に読んでいただけるかたはRSS登録しておくと便利です。RSS登録はこちら!!

びーおーぷんどっとねっとのRSS登録

Twitterでも情報をつぶやいているので、フォローしてみるといいかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

Profile

twitter

google+
@beopener12on Google+

Facebook

サイト内検索

記事を検索したいときはここにキーワードを入れて検索ボタンをクリックすれば見つかるかも・・・

スポンサードリンク

おすすめ

このページの先頭へ