教育って難しいんだろうなと、算数の掛け算問題をみて思った

学校の教育ってのは難しいだろうなと思うんですけどね。もう少しやりようは無いのかな。と思ってしまいます。

これ読んで思ったんですけど
5人に飴を4個ずつ配ると飴はいくつ必要か 赤ペン先生回答 | エンタメ | マイナビニュース 5人に飴を4個ずつ配ると飴はいくつ必要か 赤ペン先生回答 | エンタメ | マイナビニュース

ようするに掛け算の順番についてです。

答えは20で正解なんですが、その答えを得るための式が問題分を読み取って書かなければならないと。

「5人に飴を4個ずつ配るとき、飴はいくつ必要になりますか」という問いに「5×4=20」と答えると、小学校の先生から「×」をもらう、というのである。

5人に飴を4個づつ配るんだから、5×4=20って答えてもいいのではないか?と思うんですが。これだと最悪式は×になるらしく。(実際に学校のテストなんかで×もらうらしいです。)

なんで×とか減点の対象になるのか?というと以下のような考え方のようで。

かけ算の立式については(1つ分の数)×(いくつ分)=(全部の数)で指導

そうですか。立式なんてものがあるんですね。立式ってのは式をたてるときの考え方のようで。(ゴメンナサイ。僕はそんなことを全然知りませんでした。)

でも相手は子供だよ?

この問題を解いているのは、小学2年生なわけですよ。高校生や大学生が解いているわけじゃないんです。
であれば、ちゃんと式を書いて(立式という意味では不十分なのかもしれませんが)答えを導いている時点で正解でいいのでは?と思うんです。

たしかに算数や数学といった世界で考えれば、順序が間違っていることは不正解かもしれませんが、まだ数字を学び始めて四則演算をはじめたばかりの子供たちは、ちゃんと式も書いているし、答えもあってるんだから立派なもんじゃないですか。

立式を指導したければ、こうした問題がテストにでないレベルになるまで問題を解くことに慣れてからでいいのでは?

だって大人すら理解できなわけですよ。

なんで「かけ算の立式については(1つ分の数)×(いくつ分)=(全部の数)」こう教える必要があるんですか?
指導要領に書かれているからとかでは無く、数学とか算数とかの世界で考えた時に、どうしてこの指導をするのか?という理由があるんですかね?

僕は数学はわかりませんから、もし子供が同じ間違いをしても、立式の説明をしようとは思えないな。

スポンサードリンク

RSS購読のススメ

RSS

定期的に読んでいただけるかたはRSS登録しておくと便利です。RSS登録はこちら!!

びーおーぷんどっとねっとのRSS登録

Twitterでも情報をつぶやいているので、フォローしてみるといいかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

Profile

twitter

google+
@beopener12on Google+

Facebook

サイト内検索

記事を検索したいときはここにキーワードを入れて検索ボタンをクリックすれば見つかるかも・・・

スポンサードリンク

おすすめ

このページの先頭へ