チューブの容器の中身を最後まで出しきる方法

歯磨き粉を使うときに、日がたつにつれて量が減ってくると容器を押しても中身がでなくなってきます。
最後の方になると、絞り出さなくては使えなくなってしまいます。

とはいっても、残り少なくなってきた段階で、毎回絞り出すのはかなり面倒です。
絞り出すようになってからも数日は利用できますし。

ということで、今回は「量が少なくなってきたなー」「出にくくなってきたなー」ってときに手軽に中身をだす方法について書いておきます。

チューブ型容器で中身が出にくくなってきた時に簡単にだす方法

簡単ツーステップです。

  • 容器のおしり側をつまむ
  • 振る

以上です。

振るのは、昔の体温計をふる感じです。
容器のヘッドを走らせることをイメージするといいでしょう。
僕はいつも全力で絞り出していたんですが、子供に「振ったほうが楽だと思うよ」って言われて、この方法を知りました。
たぶん、思っている以上に簡単にでてくると思います。
注意点は振る前にちゃんとキャップを閉めてください。閉め忘れると中身が飛び散る恐れがあります。

この方法でかなり出せるはずです。
もし振ってもでなくなったら、絞り出せばいいんじゃないでしょうか。
最後まで使うなら、容器を切って中身とりだせばいいでしょ。

いつも絞り出していた人は、けっこうビックリすると思います。簡単にでますから。
手軽でオススメですよ。

スポンサードリンク

RSS購読のススメ

RSS

定期的に読んでいただけるかたはRSS登録しておくと便利です。RSS登録はこちら!!

びーおーぷんどっとねっとのRSS登録

Twitterでも情報をつぶやいているので、フォローしてみるといいかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

Profile

twitter

google+
@beopener12on Google+

Facebook

サイト内検索

記事を検索したいときはここにキーワードを入れて検索ボタンをクリックすれば見つかるかも・・・

スポンサードリンク

おすすめ

このページの先頭へ