噂のAdobe CS2を無料ダウンロードしてWindows8へインストール手順のまとめ

Adobe CS2が無料ダウンロード&インストールできるということでかなりお祭り的な感じになっているのですが、ついでにお祭りに乗っかってみようかと思いまして、Adobeさんの太っ腹ぶりに感謝感激しつつ例の Creative Suite 2 をダウンロード&Windows8へインストールさせていただきました。



Adobe Creative Cloud 12ヶ月版 (プリペイド) [プロダクトキーのみ] [パッケージ]


Adobe CS2にはPhotoshop、Illustratorが入っているので現行の最新バージョンを買うほどでもないけど・・・使ってみたいな・・・なんて僕みたいな人には最適ですね。

使用頻度がさほど高くないので、体験版のみだと全然使いこなせないですからね。

一応今回のCS2が無料ダウンロードできるようになった経緯は

昨年12月にCS2用のアクティベーションサーバを停止したための措置で、無料で取得できるAdobe IDさえあれば誰でもダウンロードして利用できる状態になっている。

本来はCS2正規版ユーザーのための措置のため、何らかの対応を行う可能性もある。

PhotoshopなどのCS2製品が無料? アクティベーションサーバの停止でAdobeが公開 – ITmedia ニュース

だそうです。いそーげー!!!

Adobe CS2ダウンロード

adobe_cs2

まずはダウンロードから。

これにはAdobeのアカウントが必要になりますので、Adobe – サインインでアカウントをつくってください。

ログイン後Adobe – Site Area Temporarily UnavailableからCS2をダウンロードします。

かなり回線が混雑しているのか「システムメインテナンスのため本サービスを一時停止しております」とのメッセージがでてしまうとダウロードページヘ進めません。
たまにつながるみたいです(笑)

ダウンロードするファイルは Windows だと

  • CS_2.0_Jp_NonAct_D1.exe
  • CS_2.0_Jp_NonAct_D2.exe
  • CS_2.0_Jp_NonAct_D3.exe

でオッケーだそうです。

追記:このダウンロードページにシリアルナンバーも表示されていますからメモ取るなり、キャプチャしとくなりしといてください。インストール時に必要になります。

スポンサードリンク

Windows8にインストール

cs26

Windows8なんて激レアなOSを使っていますが、結論からいうと何の問題も無くインストールできました。

ただいかんせん、Photoshop や illastrator を使える人間ではないので、あくまでもインストール→起動→新規ファイルを開くの動作は全く問題なかったという話です。

いろいろ作業すると不具合も出るかもしれません。インストールはあくまで自己責任でお願いします。

ダウンロードに若干時間がかかりましたが、インストールはなんと「5分」で終了!
昔CSが出た当時のPCにインストールしようとしたらウンザリするほど時間がかかった気がしましたけど、さすがに技術は進歩していますね。

でハマったポイントは体験版などの最新バージョンをインストールしていると起動できない。というところ。
僕のPCにはPhotoshop elements11 の体験版と Photoshop CS6の体験版がインストールしてあったので CS6 はアンインストールしたのですが、elements11はそのままにしていました。

すでに有効期限が切れていたためか、CS2のPhotoshopを立ち上げると、「シリアル番号などの情報が正しくないため起動できません」などと言われて起動できませんでした。

体験版をインストールしていない illustrator は起動できたので、恐らくすべてアンインストールする必要があったと思われます。

elements11をアンインストール&CS2 アンインストール後、再起動→再インストールしたら無事に起動まですすめました。

Windows 版

  1. ダウンロードした「CS_2.0_Jp_NonAct_D1.exe」ファイルをダブルクリックします。
  2. 保存先が「C:\Creative Suite CS2」と表示されますので「次へ」をクリックします。
  3. 展開が完了し、インストーラが動きますが、一旦キャンセルしてください。※
  4. 続いて、「CS_2.0_Jp_NonAct_D2.exe 」と「CS_2.0_Jp_NonAct_D3.exe 」ファイルをダブルクリックし、 ファイルの保存先は変更せずに「次へ」をクリックします。
  5. C:\Creative Suite CS2のフォルダーにインストーラーが展開されました。
  6. 以下の場所にある「Setup.exe」を実行します。 -C:\Creative Suite CS2\Adobe Creative Suite 2.0
    インストールが始まります。
  7. シリアル番号は、製品リスト内に表示されているシリアル番号を入力してして進めてください。

※お使いのOSがWindows7 64ビットOSの場合、インストール先が C:\Program files(x86)\Adobe となりますが、CS2は上記の場所に保存が出来ません。保存先を C:\Program files\Adobe に変更してください。

CS2 または旧バージョン製品、Acrobat 7 で「アクティベーションサーバーは使用できません」のメッセージについて

さてとりあえずインストールできたので、ボチボチ触ってみたいと思います。


Photoshop 10年使える逆引き手帖【CS6/CS5/CS4/CS3 対応】【Mac OS X & Windows 対応】 (ああしたい。こうしたい。)

追記:ライセンスに関する文言が追加されています。

adobe_cs2_tuiki

Adobe® Creative Suite® 2 製品およびAdobe® Acrobat® 7のアクティベーションサーバーに関するお知らせ | アドビ

14:15現在。CS2ダウンロードというページだったのですが、ページタイトルが変更になり、ライセンスに関する注意事項が追記されています。

2012年12月13日、アドビ システムズでは技術的な理由によりAdobe® Creative Suite® 2 製品およびAdobe® Acrobat® 7のアクティベーションサーバーを停止いたしました。
これらの製品は、7年以上前にリリースされたものであり、現在多くの方に利用されている主要なオペレーティングシステムでは動作いたしません。 しかしながら、旧来のオペレーティングシステム上で継続してCS2製品およびAcrobat 7を利用されるお客様に引き続きご利用いただけるよう、CS2およびAcrobat 7の正規ライセンスを所有されているお客様を対象として、アクティベーションサーバーを介在しないソフトウェアをアドビ システムズより直接提供させて頂いています。

弊社が不特定多数の皆様に対して無償でソフトウェアを提供することが目的ではございません。本措置は既存の正規ライセンスを所有されているお客様の利便性を損なわないための顧客支援の一環の措置であり、正規ライセンスを所有されていないお客様のご利用はライセンス違反となり得る旨、ご理解の上ご利用いただけますようお願い申し上げます。

adobeccAdobe CS6は在庫がなくなり次第終了か?そうなのか?

スポンサードリンク

RSS購読のススメ

RSS

定期的に読んでいただけるかたはRSS登録しておくと便利です。RSS登録はこちら!!

びーおーぷんどっとねっとのRSS登録

Twitterでも情報をつぶやいているので、フォローしてみるといいかもしれません。

“噂のAdobe CS2を無料ダウンロードしてWindows8へインストール手順のまとめ” への3件のフィードバック

  1. 名無し より:

    私も噂を聞きつけてアカウントを入手しインストールをしましたが如何せんシリアル番号がどこに記載されてるかわからなかったので、あきらめましたorz
    きっとユーザーから非難浴びたから即行で消したんでしょうね・・・

  2. おもち より:

    photoshop CS2が無料でインストールできると知り、Win8でインストールする方法を検索していたところ、こちらのページにたどり着きました。beopener12さんはCreative Suite 2をダウンロードされたようですが、Photoshop CS2のダウンロードの仕方は少し手順が違うようでダウンロードできませんでした。。現在は販売されていないCS2がどうしても必要だったので(同人グッズを製作する際に注文したい印刷所がCS2までの対応だったため)もし、可能でしたらphotoshop CS2のダウンロードの方法もお教え戴ければと思います…。。お手数をお掛け致します。m(_ _)m

    • 管理人 より:

      おもち様

      お問い合わせいただいた件ですが、本文にも追記してます通り、Adobe社から正式に「違法になる可能性がある」という見解がでております。ですから私もダウンロードしたファイル全て削除しています。
      もしご使用の予定があるようでしたら、直接Adobe社様にお伺いしていただくのが間違いないと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

Profile

twitter

google+
@beopener12on Google+

Facebook

サイト内検索

記事を検索したいときはここにキーワードを入れて検索ボタンをクリックすれば見つかるかも・・・

スポンサードリンク

おすすめ

このページの先頭へ