アマゾンと家電量販店の戦い。山田さんの敵はそこにはイないんですけどね

Kindle Paperwhiteを一部の家電量販店では扱わないことにしたなんて記事がありました。

かなりこのあたりの話が面白い感じになってきているので今後の動向含めて気になってくるわけです。

家電量販店の立ち位置

出てくる記事がほとんど日経なんですけどね。

アマゾン「キンドル」、ヤマダなど販売見送り  :日本経済新聞 アマゾン「キンドル」、ヤマダなど販売見送り  :日本経済新聞

消費者が店舗をショールームのように利用し、実際に家電などを購入する際はアマゾンをはじめネット通販で割安な商品を選ぶ「ショールーミング」と呼ばれる動きが広がることを警戒している。

これとは違う理由で、単に利益がでないから置かないなんて要因もあるようです。

一方で Amazon に出店しているビッグカメラは取り扱うそうです。こうして家電量販店も Amazon に対して敵対する会社と、ある一定ラインで共存を狙う会社とが出てきているというのが分かります。

Amazonの意見

アマゾンサイドにだって言い分があるわけです。さっきの記事よりこっちの記事のほうが面白いです。

価格破壊という「誤解」を解きたい アマゾンジャパン  :日本経済新聞 価格破壊という「誤解」を解きたい アマゾンジャパン  :日本経済新聞

もう一つの誤解は「アマゾンが安売りをすることで出版社の収入が減る」ということです。アマゾンが販売価格を決める「卸売モデル」の場合、実際の販売価格にかかわらず、本来の定価に一定の率を掛けて、売れた数だけ出版社に支払うという形を取っています。だから、アマゾンが安く販売したからといって出版社の取り分が減るということはありません。

これは知らなかった。

コンテンツは絶対数を多くすることは重視していません。数だけを増やそうとするなら簡単ですが、それが本当にユーザーが求めているものでなければ意味がありません。ユーザーが読みたい本を用意しなければならないのです。

ある会社への嫌味ですかね。

じっくり読むと面白いです。これを額面通り受け取るべきかどうかは分かりませんが。このインタビューは本の話だけですけど。

アメリカの価格だけみると安い安いみたいに言われるが、そもそもあっちは再販制がないから本自体が安売りされているだから極端に安い価格になっているわけでは無いと。

このあたりは当事者じゃないとわかりませんから。

家電量販店の言い分

今度は日経ビジネス。

家電量販、「アマゾン価格」に怒り:日経ビジネスオンライン 家電量販、「アマゾン価格」に怒り:日経ビジネスオンライン

アマゾンが安売りできるのは赤字でも売るから。とか、量販店より安く仕入れているはずないとか量販店サイドの話があって、不当廉売に話が移る。いわゆるダンピングね。

不当に安い価格で商品を販売することは、その時点では消費者に利益があるように見える。しかし長期的視野で考慮した場合、結果として資本力の強い者が弱い者の事業活動を困難にし、市場の健全な競争を阻害し、最終的には消費者の利益を害する可能性が高い。そのため独占禁止法ではこれを禁止し、公正取引委員会による是正措置の対象にしている。

不当廉売 – Wikipedia

街の電気屋さんを踏みつぶしてきた、お前らが言うな!!なんて意見は別として、こうしたダンピングが実際行われていたら問題ですね。

一方、大手量販店もメーカーとの間でリベート(販売奨励金)などの仕入れ条件を事後的に見直すことは珍しくない。高額のポイント付与も値引きとの線引きが難しい。実態の見えにくいネット販売の増加や分かりにくい商慣習の存在が、不当廉売か否かの境界を曖昧にしている面もある。

問屋さんも中間にはいっていたりして結構ややこしいですから、どっちもどっちだろって締めくくりをしています。

ここまで踏まえて問題はそこか?っと突っ込みたくなる

日経ビジネスさんの記事の途中に面白い数字があったのに気づいたでしょうか?

アマゾンは日本での事業規模を公開していないが、業界関係者の間では、全体の売上高が5000億~6000億円程度と言われている。そのうち家電や関連製品が占めるのは1000億円程度とされる。

連結売上高が約2兆円のヤマダ電機など、家電量販大手と比較して圧倒的なバイイングパワーがあるわけではない。

売れない理由は本当にアマゾンなんでしょうか?ヤマダ電機の売上もすべて家電ではないでしょうから単純に判断するのは難しいところですが、2兆円と1000億です。20分の1です。

さすがにこの差で、客足がアマゾンに流れている・・・というのは無理があるだろうと。そう言っておけば世間はそう思うかもしれませんけど。

要は家電そのものが売れなくなってきているのではないか?って根本的な問題に行き着いているんでしょうね。スマホ家電とか、タッチパネル式家電とかアホかっていう。

製品寿命も昔に比べれば圧倒的に長くなってきていますし、お金を持っている世代は「モノを大事にする」人が多く、いまの世代みたいに、「アップデート・アップグレード」をわざわざ繰り返さないでしょう。

それに、たとえ Apple が冷蔵庫を「これが新しい i-fridge です」って発表して1年サイクルでアップグレードしても誰も買いませんよ。だからこそ、今はコンテンツを充実させることを念頭においているんですから。アマゾンだってそうです。

最近のPCでも「マイクロソフト」がハードをつくったり、ソフトを売っている Google がハードを売ったり、と「コンテンツ」 + 「ガワ」を売るスタイルに移行しているのを見ていると(アマゾンも自分たちで出版をしている)、なんとなく、「商品を仕入れて売る」だけの商売はすでに限界なのかもしれません。

家電量販店に関して言えば、自分たちが「安さ」を売りにしてきて、Amazon の「安さ」に文句を言うこと自体オカシナ話ですから、口ではアマゾンが・・・っていっても実際にそう思っている人なんていないんだろうなと思う今日この頃です。

Kindle Paperwhiteはどうなんですかね。欲しいけど、欲しくない。微妙な気持ちで揺れております。

スポンサードリンク

RSS購読のススメ

RSS

定期的に読んでいただけるかたはRSS登録しておくと便利です。RSS登録はこちら!!

びーおーぷんどっとねっとのRSS登録

Twitterでも情報をつぶやいているので、フォローしてみるといいかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

Profile

twitter

google+
@beopener12on Google+

Facebook

サイト内検索

記事を検索したいときはここにキーワードを入れて検索ボタンをクリックすれば見つかるかも・・・

スポンサードリンク

おすすめ

このページの先頭へ