ディズニーシーに家族と行くお父さんにおすすめしたい心得

先日、ディズニーシーに行ってきた。
もちろん主役は「子どもおよび奥さん」であって僕ではない。

東京ディズニーシー

僕としては、いかにこの1日をみんなに楽しんでもらうか。それを念頭に行動した。

少しでも世のお父さんの役にたてればと思う。
ちなみに僕はどうしてもディズニーランドなどに行きたくない人間ではない。でもどうせだったら絶叫系の乗り物が満載の遊園地のほうがいいと思う人間です。

チケットの購入

davi
ファーストステップはチケットの購入。

当たり前だが、チケットを購入しよう。現地でも買えるけど、先に買っておいたほうが楽できると思う。

チケットの購入は便利になったもので、いまでは家で購入することができる。

disneyディズニーeチケット|東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入サイト

ここで購入しておけば当日の朝は慌てることはない。

ディズニーランドとディズニーシーどっちに行くか奥さんが悩んでいるなら一つヒントがある。ディズニーシーには「ビール」がある。これは覚えておいて損はない情報だろう。

大事なことなのでもう一度いう。ディズニーシーではビールが飲める。

到着時間を逆算して朝ちゃんと起きよう

tds2

朝から寝坊したりすると、家族の雰囲気が悪くなる。
あなたは違うかもしれないが、少なくとも家族は楽しみにしているのだ。

ちゃんと起きて率先して出かけよう。
車で行くなら、きっと奥さんが気をつかって「缶コーヒー」を買ってくれているはず。(車で行ったらビール飲むなよ)

その「お礼」も忘れないようにな!
これで多少は眠たいかもしれないが、家族全員のテンションは決して悪くない。いい一日になりそうだ。

おっと忘れてた、ここに書いておくまでもないが「開演時間」を確認してオープンよりも早めについて門の前に並んだほうがいい。
人気のアトラクションは早めに手を打っておくにこしたことは無い。

朝時間がなければ、朝食は手軽に大塚製薬 カロリーメイトブロック (チョコ味)4本入×10箱なんかで済ませておいて、オニギリなどを持参して、開演までの並んでいるときに食べればいい。

なにせ「時間はたっぷり」あるんだから。

tds5

ファストパスを獲得するために走れ!

開演までに今日のおさらいを奥さんとしておこう。
まずどこに向かうのか?

僕の場合は子供がまだ小さいため、一緒に移動するのは時間がかかるので、奥さんと子供とは別行動を取ることにした。

そのために、オープン後最初の仕事は「人気アトラクションのファストパスをとること」。
行ったのはディズニーシー。取るべきファストパスは2つ。
メインは「トイストーリーマニア」あとは子供リクエストで「タワーオブテラー」。これは立地が近いこともあってこの2つを取ることにした。

たいした仕事じゃない。門があいて、中にはいったら「怒られない程度に走ってアトラクションに向かうだけ」。途中で若者に抜かされたり、タバコやめたのに肺がキューキューなるくらいの話だ。

なぜ、そこまで急ぐのか?って。急がないと目当ての乗り物を確保できなくなる。
子供の残念な顔は見たくないだろ。

ちなみにこれがファストパスの実機
ファストパス実機

ファストパスの順番も考慮したい

ファストパスは「タワーオブテラー」「トイストーリーマニア」の順にとった。

ファストパスは何枚も取れるわけではない。ファストパスを1枚取得すると、次のファストパスをとるまでに制限がかかる。
その制限が以下の2つ。

  • 1枚目取得したファストパスの乗り物に乗れる時間になった。
  • 1枚目取得から2時間経過。

この2つの条件は「もしくは」。どちらかの条件を満たしていればOK。
僕のとったファストパスで追加説明。

最初にタワーオブテラーからとった。8時30分開演で入場してファストパスをとったのが多分8時40分頃。
このファストパスは9時20分に使えるので、写真の下の方を見ればわかると思うけど、9時20分をすぎれば次のファストパスが取れる。
ttfs

次にとったのがトイストーリーマニア。
このファストパスは9時20分にとったにも関わらず使えるのは、夜の8時。だから次のファストパス取得は2時間後の11時20分以降となる。
tmfs

見てもらえばわかるとおり、これは完全に失敗。実はトイストーリーマニアのファストパスから並んでいれば、昼から15時くらいのファストパスがとれたはず。
その後にタワーオブテラーをとっても時間的な余裕はあった。(タワーオブテラーのファストパスはガラガラだった。)

もうひとつ補足。
トイストーリーマニアのファストパスはかなり早い時間で打ち切りになる。僕が取得した9時20分にはファストパスの行列はすでに締め切られていた。
だからトイストーリマニアのファストパスを取るなら、とにかく朝一で向かうことをおすすめする。

ファストパスを取得しないで直接並んで乗ることもできるが、9時過ぎの段階ですでに3時間待ち。
夜の20時にいったときもまだ80分待ちだった。トイストーリーマニア恐るべし。

ちなみにこの2つのファストパスを取得したことでお父さんの仕事は半分終了。
いい仕事をしたもんだ。

トイストーリーマニア

あとは状況に応じて順番待ち

このあとの僕の仕事は列に並ぶこと。
まだ結婚してなくて子供もいないなら、奥さんと2人で列に並んでいるだろうけど、子供がいると一緒に並ばせるのはかわいそうで。

ということで待ち時間の長い列に並ぶのはお父さんの仕事。
その間に奥さんと子供は比較的待ち時間の短いアトラクションを消化したり、ブラブラしたり、お菓子たべたりしてる。

順番待ちの強い味方になるのが


Kindle Paperwhite

とにかく時間だけはたくさんある。
もちろんスマホをネットを見ていてもいいが、あなたのスマホはもっといろんな場面で活躍しなければならない。
写真を撮ったり、ムービーも撮るかも。奥さんとの連絡をとるのにも使うし、順番待ち情報の取得にも使用する。

まさか電源が・・・なんてことは絶対に避けねばならん。
なので電子書籍をゆっくり読む時間にしました。むしろ普段の休日に読書するよりも捗ってしょうがなかった。

「つんどく」が多くなっている人はこの機会にディズニーシーにいってみるのも良いかもしれません。

本を持参してもいいけど、並ぶ場所は室内で、割と照明が暗いところが多いので、読みづらいかもしれません。
その点、電子書籍端末は優れてますね。

tds4

一緒に行動する時間もある

お父さんは常に単独行動をしているわけではない。
待ち時間が短いものは一緒に乗る。子供がどうしても乗りたいって言ったアトラクションで並ぶ時間が長い場合は基本的に僕が並んでおいて、合流するなりする。

「合流出来なかった人」ようのチケット(並ばずに案内してもらえる。これはアトラクションによってあったり無かったりするだろうけど、係の人に聞いてみるといい。僕はレイジングスピリッツで使った。)もあったりした。これは知らなかった。

アトラクションに並ぶとどうしても長時間並ぶ必要があるが、敷地も広いので写真とったり、ブラブラしているの結構楽しかったりする。
久しぶりに来てみると、全然知らないアトラクションもあって面白いもんです。

子供がディズニーシーを出て駐車場に向かいながら、「メッチャ楽しかった。」
その笑顔で疲れも吹き飛びます。

ディズニー30周年

goal

スポンサードリンク

RSS購読のススメ

RSS

定期的に読んでいただけるかたはRSS登録しておくと便利です。RSS登録はこちら!!

びーおーぷんどっとねっとのRSS登録

Twitterでも情報をつぶやいているので、フォローしてみるといいかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

Profile

twitter

google+
@beopener12on Google+

Facebook

サイト内検索

記事を検索したいときはここにキーワードを入れて検索ボタンをクリックすれば見つかるかも・・・

スポンサードリンク

おすすめ

このページの先頭へ