Ubuntuのgimp2.8にブラシを追加する

GIMP2.8にブラシを追加する方法。
基本的にはWindowsと変わらないが、場所がちょっと違う。

gimp

Ubuntu12.04ltsを使用している。

ブラシを置く場所

前に一度入れたことがあったが、時間がたつと忘れてしまう。
なので備忘録として。

ブラシの場合
C:/Program Files/GIMP/brushes/
にブラシファイル「.gbr(拡張子)」を入れます。
(GIMP2.4以降はPhotoshopブラシ「.abr」も使用できます)

パターンの場合
C:/Program Files/GIMP/patterns/
にパターンファイル「.pat(拡張子)」を入れます。

ブラシとパターンファイルは、自作する事も出来ます。
画像を保存する際に、拡張子を「.gbr」もしくは「.pat」で保存し、上記フォルダに入れるだけです。

最後に、ブラシ・パターンの「再読み込み」をするか
GIMPの再起動をすれば読み込むことが出来ます。

引用元:GIMP「ブラシ・パターン」の追加方法 | GIMP始めの一歩

これはWindowsのパターン。

以下がUbuntuのパターン。
gimpはホームディレクトリに隠しファイルとしてある。

だから、ホームフォルダを開いて、メニューバーの「表示 → 隠しファイルを表示」をクリックすると、「.gimp-2.8」フォルダが表示される。
その中に「brushes」というフォルダがあるので、インストールしたいブラシのファイルをそこに入れてあげればOK。

ターミナルで操作したければ。

$ ~/.gimp-2.8/brushes/

こうなる。cpmvコマンドなどでインストールしたいブラシを移動するだけ。

あとはGIMPを再起動すると読み込んでくれる。


できるクリエイター GIMP 2.8独習ナビ Windows&Mac OS X対応 (できるクリエイターシリーズ)
単行本(ソフトカバー): 288ページ
出版社: インプレスジャパン (2013/2/22)
ISBN-10: 4844333348
ISBN-13: 978-4844333340
発売日: 2013/2/22

スポンサードリンク

RSS購読のススメ

RSS

定期的に読んでいただけるかたはRSS登録しておくと便利です。RSS登録はこちら!!

びーおーぷんどっとねっとのRSS登録

Twitterでも情報をつぶやいているので、フォローしてみるといいかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

Profile

twitter

google+
@beopener12on Google+

Facebook

サイト内検索

記事を検索したいときはここにキーワードを入れて検索ボタンをクリックすれば見つかるかも・・・

スポンサードリンク

おすすめ

このページの先頭へ