Emacsでrbenvを使う環境変数PATHで手間取ったのでメモ

emacs

手間取ったというより、.rbenvにパスが通っておらず(通っていたのかもしれないが・・・。)rcodetoolsやanything-rcodetoolsが使えなくなってしまっていたのを改善出来たのでメモ。

事の発端はいままでRubyのバージョン管理ソフトにRVMを使用していたのを、rbenvに切り換えた為に、一部の機能が今までのように使えなくなってしまった事。

使えなくなった機能はrcodetools、anything-rcodetoolsあたりです。

結局は環境変数のPATHの通し方が悪かっただけでした。でもこの作業に随分と時間をとられてしまいました。

Emacs Lispに関しても、まったく分かっていない為、とりあえずはコピペベースでやっています。

一応、作業前の状態も記録として 残しておくことに。

rbenvで正しくPATHが通っていない状態

今回の作業をする前のエラーがでている状態。コードは全て/.emacs.d/init.elに記載しています。

;;パスの設定
(add-to-list 'exec-path "~/.rbenv/shims")
(add-to-list 'exec-path "~/usr/local/bin")
(add-to-list 'exec-path "~/usr/local/share")

こんな感じでした。usr/local/binなどをいれているのは、Homebrewを入れているからです。

で、いろいろと調べてみて、以下のコードを記入したところ無事にかどうしました。

;; より下に記述した物が PATH の先頭に追加されます
(dolist (dir (list
              "/sbin"
              "/usr/sbin"
              "/bin"
              "/usr/bin"
              "/opt/local/bin"
              "/sw/bin"
              "/usr/local/bin"
              (expand-file-name "~/bin")
              (expand-file-name "~/.emacs.d/bin")
              ))
 ;; PATH と exec-path に同じ物を追加します
 (when (and (file-exists-p dir) (not (member dir exec-path)))
   (setenv "PATH" (concat dir ":" (getenv "PATH")))
   (setq exec-path (append (list dir) exec-path))))

このコードを参考にしてパスを通したところ問題なく動きました。rbenvでうまく動かない方は試してみてください。

参照:Emacs 上で快適に Bash や Zsh を利用する設定 : 紹介マニア

スポンサードリンク

RSS購読のススメ

RSS

定期的に読んでいただけるかたはRSS登録しておくと便利です。RSS登録はこちら!!

びーおーぷんどっとねっとのRSS登録

Twitterでも情報をつぶやいているので、フォローしてみるといいかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

Profile

twitter

google+
@beopener12on Google+

Facebook

サイト内検索

記事を検索したいときはここにキーワードを入れて検索ボタンをクリックすれば見つかるかも・・・

スポンサードリンク

おすすめ

このページの先頭へ