Emacsのキーバーイドー基本的な移動操作

emacs

Emacsを使うにあたって、まずは移動くらいはできないとダメだろうということで移動のキーバインドを覚えることに。
基本的にキーバインドが割り振られていてることを考えると、キーボードについている移動キー(矢印)キーは使わないほうがいいのだろうと勝手に考えています。

移動はとまどうもののさほど難しくないし、これは便利かなと思うんですが、忘れそうなので備忘録を兼ねて一覧にしてみました。

キー 内容
C-f 1文字前に移動
C-b 1文字後ろに移動
C-p 1文字上に進む
C-n 1文字下に進む
M-f 1単語前に進む
M-b 1単語後ろに進む
C-v 1ページ下にスクロール
M-t 1ページ上にスクロール
M-> バッファの末尾に移動
M-< バッファの先頭に移動

なかなか慣れないものでついつい矢印ボタンで進もうと思ってしまいますが。
このなかでも嵌ったのが、バッファの末尾と先頭に移動の2つ「>」と「<」のボタンを押さなければならないのですが、上手く行かず悩んでおりましたが。
「>」と「<」ってボタンを押すときは「shift」キーを押さなければいけません。要するに、contorol + shift + < or >となるわけです。

それ以外は問題ないはず。

スポンサードリンク

RSS購読のススメ

RSS

定期的に読んでいただけるかたはRSS登録しておくと便利です。RSS登録はこちら!!

びーおーぷんどっとねっとのRSS登録

Twitterでも情報をつぶやいているので、フォローしてみるといいかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

Profile

twitter

google+
@beopener12on Google+

Facebook

サイト内検索

記事を検索したいときはここにキーワードを入れて検索ボタンをクリックすれば見つかるかも・・・

スポンサードリンク

おすすめ

このページの先頭へ