ddskkのかなモードでカタカナと英語の入力をする

emacs

ちょっと便利なのでメモ。ddskkの「かなモード」でカタカナや英語を入力する方法。

通常は「かなモード」や「カタカナモード」「半角英数字モード」があるために、普通はモードを変えて入力しなければ出来ないものかと思っていたが、実はこれだけだと結構不便。

で、いい方法ないかなーと思ってググってみたらありました。

かなモードでカタカナ&英語入力

まずはカタカナ入力

まず、かなモードに入ります。Q キーで一旦▽モードにして何かひらがなを入力し、 最後に q をタイプすると、カタカナに変換され確定されます。

次に英語入力

ず、かなモードに入ります。次に、/ を入力すると、SKK abbrev モー ドに入ります。これにより、アルファベット (アスキー文字) を入力できます。 なお、skk abbrev モードでは、

`is’ => `インクリメンタル・サーチ’

のような変換を行うことができます。他の変換と同様、SPC を押すと変換モードに 入ってしまいますので、 SKK abbrev モードからアスキー文字を入力するのは、 一語のみの場合以外は不便です。

「かな」で入力するときには、それほど頻繁に他のモードを使うこともないので便利です。

参照:SKK Manual: 便利な応用機能


Emacs実践入門 ~思考を直感的にコード化し、開発を加速する (WEB+DB PRESS plus)


スポンサードリンク

RSS購読のススメ

RSS

定期的に読んでいただけるかたはRSS登録しておくと便利です。RSS登録はこちら!!

びーおーぷんどっとねっとのRSS登録

Twitterでも情報をつぶやいているので、フォローしてみるといいかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

Profile

twitter

google+
@beopener12on Google+

Facebook

サイト内検索

記事を検索したいときはここにキーワードを入れて検索ボタンをクリックすれば見つかるかも・・・

スポンサードリンク

おすすめ

このページの先頭へ