おたふく風邪で登校可能日数も変更になっていた。ちなみに保育園と幼稚園は扱いが違う

この年度末に「おたふく風邪」をもらってくるとは何とも運がないとしかいいようがない。
うちの子どもの話。

otafuku

先日はインフルエンザの疑いありで病院にいって、結果、ただの風邪でやりすごすことが出来たが、今回は「おたふく風邪」確定。
ここから保育園を休まなければならない。

次に問題になってくるのが、「おたふく風邪」はいつから登校できるようになるのか?という問題。
ここがインフルエンザと違って徹底されていなかったので、ちょっと記事にしてみる。

おたふく風邪の登校停止日数も変更になっていた

先日のインフルエンザに罹った時の登校停止日数の話に引き続きのような話題だが、「おたふく風邪」も伝染性の病気で、学校保健安全法ではインフルエンザと同じく第二種の感染症の扱いになっている。

学校保健安全法からの抜粋

ニ 流行性耳下腺炎にあつては、耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹 が発現した後五日を経過し、かつ、全身状態が良好になるまで。

2012年の4月以前は、腫れが引いたら登校できたが、法改正で「発症日を除く5日間経過後」登校可能になった。
小学校に通っている子どもはこれを守らなければならない。

微妙な扱いの保育園

今回の話題はこの出席停止に関する規定で保育園と幼稚園で違う可能性があるということ。というよりも保育園の指導方針によって出席停止日数が違う可能性すらある。

どういうことかというと、学校保健安全法というのは文科省の管轄で適用されている。
つまり幼稚園はこの法律を順守する必要があるが、厚労省管轄の保育園はあくまでも「ガイドライン内で、学校保健安全法に準拠する」としか定められていない。

インフルエンザはその感染力などの影響を考えて、厚労省がかなりキツメに通達をだした。
その為に、恐らく大抵の保育園は改正されたルールに則って運営しているはず。

ところが、「おたふく風邪」に関しては厚労省もあまり何も言っていないために、相変わらず「腫れが引いたら」預けることが可能になっている保育園もあるようなので、「おたふく風邪」に罹った場合は通わせている保育園に確認をすると間違いないと思う。

子供を保育園に預けている人は、一応、ガイドライン上では発症日を除く5日経過後に登園可能と定められている。という認識をもっておいて、対応方法を考えておくのがいいと思う。


オールカラー版 家庭の医学
単行本(ソフトカバー): 960ページ
出版社: 成美堂出版 (2010/11/5)
言語 日本語
ISBN-10: 4415309577
ISBN-13: 978-4415309576

infuruインフルエンザの登校停止日数が変更になっていた。発症から5日解熱から2日が条件に

スポンサードリンク

RSS購読のススメ

RSS

定期的に読んでいただけるかたはRSS登録しておくと便利です。RSS登録はこちら!!

びーおーぷんどっとねっとのRSS登録

Twitterでも情報をつぶやいているので、フォローしてみるといいかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

Profile

twitter

google+
@beopener12on Google+

Facebook

サイト内検索

記事を検索したいときはここにキーワードを入れて検索ボタンをクリックすれば見つかるかも・・・

スポンサードリンク

おすすめ

このページの先頭へ