インフルエンザの登校停止日数が変更になっていた。発症から5日解熱から2日が条件に

子どもが熱をだして病院にいってきた。
インフルエンザでも、溶連菌でもなかったので一安心でした。

休日でも夜間でも対応していくれている小児科に本当に感謝です。

infuru

その病院で目に入ったのが、インフルエンザの登校停止日数が変更になったことを通知するパンフレット。
2012年の4月から変更になっていたらしい。

変更となったのは、「発症後5日経過」という項目が追加された点で、今までは解熱後2日という条件だけだった。


サニーク 快適さわやかマスク レギュラーサイズ 60枚入

商品の詳細を確認

登校停止が解除される日数に関して

インフルエンザの登校停止が解除になる日数は2つの条件があるようで。

  1. 発症後5日経過していること
  2. 解熱後2日経過していること(未就学児は3日)

この条件を両方満たしている必要がある。だから「発症後5日経過し、かつ、解熱後2日(未就学児は3日)経過している」ことが条件というコト。

この期間が経過すると、学校に登校させてもOKになる。これは学校保健安全施行規則第19条で定められている。

注意したいのは、発症日と解熱日は経過日数に含まれないということ。

例えば、日曜日に発症したら、次に登校できるのは最低中5日必要になる。
ということで、一番早い登校可能日は土曜日ということになる。

しかしここで2つめの条件がでてくる。「いつ熱が下がったか?」という問題。
もし金曜日に熱が下がったとしたら、そこから中2日空けての登校になるため、月曜日からとなる。未就学児が保育園や幼稚園に通わせるのは中3日になるので、火曜日からということ。

ということで、ちょっと厳しいルールになっているので覚えておきましょう。
罹らないにこしたことはありませんが、子どもが罹ってしまった時の対応策は、とくに共働きだったりする場合は考えておいたほうがよさそうです。


サニーク 快適さわやかマスク レギュラーサイズ 60枚入

商品の詳細を確認


医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法
近藤誠 著
新書: 227ページ
出版社: アスコム (2012/12/13)
言語 日本語

商品の詳細を確認

スポンサードリンク

RSS購読のススメ

RSS

定期的に読んでいただけるかたはRSS登録しておくと便利です。RSS登録はこちら!!

びーおーぷんどっとねっとのRSS登録

Twitterでも情報をつぶやいているので、フォローしてみるといいかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

Profile

twitter

google+
@beopener12on Google+

Facebook

サイト内検索

記事を検索したいときはここにキーワードを入れて検索ボタンをクリックすれば見つかるかも・・・

スポンサードリンク

おすすめ

このページの先頭へ