「教育」の記事一覧

「熱中症になったら!!」覚えておきたい8つの手当

熱中症対策ってのは当たり前のことです。 子供がいるご家庭では恐らく強く意識しているでしょうし、対策もねっていることでしょう。 熱中症対策 熱中症対策はいまさら何をいうまでも無いと思いますが、とりあえず暑い時には外出しない・・・

英語を学ばせたい親は必見!!パトリシア・クール 「赤ちゃんは語学の天才」

先日のスーパープレゼンテーションで放送されたTEDのプレゼンは、第2言語の修得に関して。 赤ちゃんがいかに言葉(音を)を聞き分けるかについての話でした。 言語修得能力は年を重ねるにつれてどんどんと劣化していくようです。 ・・・

「おとうさんとぼく」はドイツの風刺画家が書いた作品

「おとうさんとぼく」セリフのない複数コママンガ(?)をご存知でしょうか。 子供に本を買ってあげようと思いつつ、ついつい自分が昔読んだ本をすすめてしまうのがなんとも言えない感じですが。 大好き!ヒゲ父さん―いたずらっ子に乾・・・

記憶力を高める戦略 – 記憶する5つの方法を目的によって使い分ける

今ではコンピューターがその代わりをしてくれるから記憶することに価値はない。 と言われることも多いですが、知識として「活用」するためには記憶をしておいたほうがいいことも多くあるでしょう。

おたふく風邪で登校可能日数も変更になっていた。ちなみに保育園と幼稚園は扱いが違う

保育園に子供を預けていると、共働きのために、子供が病気に罹ったりするとかなり慌ただしい感じになる。今回はうちの子供が「おたふく風邪」という診断を受けたので、そのあたりの話

「外国書になれる法」から学ぶ勉強方法

「外国書になれる法」から学ぶ勉強方法。洋書に慣れていない人が洋書を読めるようにするためにはどうしたらいいのか?ということが紹介されているが、この考え方は、あたらしいことに取り組むときや、勉強方法としても活用できるものだと思う。

インフルエンザの登校停止日数が変更になっていた。発症から5日解熱から2日が条件に

インフルエンザの登校停止日数が変更になっていた。2012年の4月からなのですでに1年が経過しようとしようとしているが、インフルエンザに子どもが罹った場合は、発症、解熱の2点から登校できるまでの日数が制限されているので注意が必要になる。

叱りゼロで「自分からやる子」に育てる本は親が変わる本

叱りゼロで「自分からやる子」に育てる本を読んだ。メリットの法則を読んでいたので中身は非常に理解しやすかった。子どもを叱らずに褒める。簡単なようで難しいこと。「褒める」という行動にメリットがあることを親が理解できればきっともっと褒めることができるはず。

子供の教育で罰を与えることがデメリットになる6つの理由

子供になにかを教えようとする、新しいことに取り組ませようと思うときにどのように教えてあげているだろうか。もし、なかなか上手くいかないのに親がイライラして厳しくした時にもしかすると大きなデメリットがあるとわかっていたら同じことができるだろうか。

なぜ、子供が不登校になるのは親のせいなのか?

子供が不登校になるというのは決して他人事では無い問題。自分の子供だって不登校になる可能性が無いわけではない。いざそうなった時にどう対応するかによって、不登校の結果が変わってくるかもしれない。

サブコンテンツ

Profile

twitter

google+
@beopener12on Google+

Facebook

サイト内検索

記事を検索したいときはここにキーワードを入れて検索ボタンをクリックすれば見つかるかも・・・

スポンサードリンク

おすすめ

このページの先頭へ