アイデアをパクるのはアップルの専売特許なのに何を今更・・・。

今朝がた行われたAppleのWWDCも無事終了し、あまり大きな波乱もなく(Mac Proは?)って感じかなーなんて思ってましたが・・・。

iOS 7、新機能の多くは模倣。Mailboxのジェスチャー、BlackBerryのバック機能、WebOSのマルチタスク等々 | TechCrunch Japan iOS 7、新機能の多くは模倣。Mailboxのジェスチャー、BlackBerryのバック機能、WebOSのマルチタスク等々 | TechCrunch Japan

いきなり噛み付いておりました。
ジェスチャーや見た目が他のアプリからのパクリだと・・・。何を今更・・・って感じがしなくもないですが。

ios7

各アプリ開発会社などとどんな話になっているのかや、そのジェスチャーに対して特許云々みたいな話は書かれていませんが、iOS6リリース時には「スイス連邦鉄道時計」のデザインをパクった件で最終的に17億円ほどの支払いで和解になった例をみれば分かるとおり、やっぱりパクるわけです。

それが意識的かどうかは知りませんけど。

この問題はユーザーの立場で考えた時にどうなのかな?って視点も重要なわけです。

見慣れた操作と初めての操作どっちがいいのか?

分かりやすい話が、Windows8の思い切った刷新だと思います。
スタートボタンを削ったり、UIが大幅に(しかも突然)に変更があった場合にはいままでのユーザーからそれなりに反発がでます。

おかげさまで、マイクロソフトはWindows8.1でスタートボタンを戻すなんて話がでているわけです。
つまりユーザーサイドも急激な変化なんて望んでいないわけです。

では今回のappleの対応について考えてみましょう。
appleが革新的なアイデアを持っておらずデフォルトのアプリをリニューアルしようと思ったら、細かい話は抜きにすると以下の3通りの選択肢しか無いことになります。

  • 人気のアプリとまったく正反対にする
  • 何も変えない
  • 人気のアプリと同じにする

さて、ユーザー視点で考えた時にどれが一番いいのか。
恐らく、「できるだけ人気で普及しているアプリにそれとなく、ほぼ同じに近づける」ことがいいでしょうね。
ユーザーがスムーズにデフォルトアプリに移行できるように。

もちろんこの考え方は他のアプリを開発している企業からすればたまったものではありませんし、倫理的にも法的(特許など)にもどうなのかはわかりません。
ただスイス連邦鉄道ならまだしも、「アップルのプラットフォームを利用している企業」にはどうしようも無い気がしますけどね。

アップルに逆らえば、戦う場所すら失う可能性があるんですから。
だからこそ、アップルが今の地位を確固たるものにできているんでしょうね。ルールを自分たちで決めているんですから。

帝国とはよくいったものです。


企業が「帝国化」する アップル、マクドナルド、エクソン~新しい統治者たちの素顔 (アスキー新書)

松井 博 (著)
アスキー・メディアワークス

Amazon.co.jpで詳細を見る

スポンサードリンク

RSS購読のススメ

RSS

定期的に読んでいただけるかたはRSS登録しておくと便利です。RSS登録はこちら!!

びーおーぷんどっとねっとのRSS登録

Twitterでも情報をつぶやいているので、フォローしてみるといいかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

Profile

twitter

google+
@beopener12on Google+

Facebook

サイト内検索

記事を検索したいときはここにキーワードを入れて検索ボタンをクリックすれば見つかるかも・・・

スポンサードリンク

おすすめ

このページの先頭へ